大きくする 標準 小さくする
  • トップ
  • ブログ
  • ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう! 第二十三号

メールマガジンバックナンバー

ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう! 第二十三号

投稿日時:2008/10/10(金) 00:05

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ゆっくりセミリタイヤ倶楽部

「ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう!」

まずあなたのマインドから変えます!!モチベーションアップに役立ちます
よ。

第23号 2008.10.07

http://semiretire.d2.r-cms.jp/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

前々回からインターネットを使って戦略的に資金を得ていく方法を紹介しはじめま

した。

ほとんど費用をかけずに資金を作りだす方法がインターネットにはあるのです。


インターネットでの消費行動の頭文字を組み合わせて AISAS というキーワードで

説明します。


これは実によくとらえていると感動します。

元々のAIDMA(アイドマ)という言葉がマーケティングの世界に存在したから、

それをインターネットに移して考えた時にAISAS(アイサス)という言葉が誕生し

たのでしょうが、それにしても、よくここまで簡潔に行動をまとめたと関心します。

今日、ノーベル物理学賞の日本人の受賞ニュースがありましたが、

私はAISASにノーベル賞を与えたいくらいです。(笑)



だから、このAISASに沿って売る仕組みを考えていくと必ずうまく行きます。

おさらいですが、

AIDMAは

A ATTENTION 注意の喚起

I INTEREST  関心

D DESIRE   欲求

M  MEMORY     記憶

A  ACTION   購買行動

で古典的なマーケティングの教科書に出てくる消費行動です。


テレビCMを想像していただければ非常にわかりやすいと思います。


広告手法はこれもとにして組み立てられているのです。


テレビCMを見た人は

「おや」

「おもしろいね」

「ちょっと欲しいかも」

「今度お店で見てみよう」

「買っちゃおう」

という流れで購買行動をします。一生懸命に注意を引き、関心を持ってもらうとい

うことをやります。


ところがインターネット時代の消費行動は、少し違っているわけです。

A ATTENTION 注意の喚起

I INTEREST  関心

S SEARCH   検索  

A  ACTION     購買行動

S SHARE   共有  


後半が違います。関心を持ったら、検索をするというのです。

これが「Google革命」といわれたことです。Google前は情報を探すのに、カテゴリ

から探していました。

それがGoogleの出現で検索して情報を探すようになりました

し、Yahoo!もそう変わりました。

今Googleが10周年のキャンペーンをやっていますが、

ほんとにここ10年の大きな革命的な変化なのです。


そして、今も変化しつづけています。

この流れに乗り遅れずについていけば大きなチャンスがころがっているというこ

とになるのです。

これは、よくいえませんが、興奮するくらいすごいことです!


またGoogle革命はチープ革命ともいわれるように、すべてのサービスを無料化する

ということでもあるのです。


とにかくSEARCHという行動、

そしてその後にくるもうひとつのS、SHAREということの持つ意味がわかってくると、

インターネットがどれほど強力な武器であるかがわかってきます。


SHAREは共有ですが、ようするに「口コミ」で広がる力です。一度、いいとなるとネ

ットを使って爆発的にブームが出来上がります。個人が作ったサイトに一日に数万

人が訪れるということが起こるのです。


そのための仕掛けと仕組みを作りあげた人たちが、今ネットの世界で長者になりつ

つあるというのです。


ネットは24時間休みません。たとえあなたが寝ている間も、あるいは旅行に出てい

る間も、あなたの分身であるあなたのサイトは24時間オープンしていて、常に全世

界からお客さんが訪れるということが起こるのです。


この仕組みは、たとえ、一日1時間しか時間が取れなくても、一年かけて作り上げる

価値があることだとは思いませんか。


むつかしくても、こつこつやれば、ある日、膝を打って、「なあんだ、そういうこ

とだったのか。」という瞬間が訪れます。みんな簡単だ簡単だと宣伝しますが、多

少、むつかしいくらいの方が、参入ハードルが高く、先に行くものに実は有利です。


「もうはまだなり、まだはもうなり」という株の格言がありますが、インターネッ

トについていえば、

「決して遅いということはありません」


アメリカ発の金融危機で少し、経済が停滞するでしょう。比較的に元気といわれる

シリコンバレーも、さすがに影響を受けるでしょう。


この時がチャンスです。一気に追いつくチャンスです。

今はむしろ「インターネットでやれることが多すぎて、実際に応用する時間がな

い」というのが、正直な状況です。

アイデア次第で稼げるサービスがいっぱいころがっているのですが、しかも無料の

サービスです、使いこなせていないのです。


これらを、じっくりと攻略して、ほとんど職人技のように、手になじんだ道具にま

で育てていけば、自在に利益を生み出すサイトが作りあげられます。


そのことがわかれば、今日からでも勉強をしたくなるはずです。


早速、Google革命について知りたければ次の一冊をお勧めします。


梅田望夫(うめだもちお)さんの『ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶ
か』
http://www.amazon.co.jp/dp/4480063870/ref=nosim/blc5-22/

あるいは梅田さんと茂木健一郎さんの対談の


『フューチャリスト宣言』
http://www.amazon.co.jp/dp/4480063617/ref=nosim/blc5-22/


が新書で読みやすいのでぜひどうぞ。


まず電車の中で読んでみましょう。金儲けの具体的なことは書いてありませんが、

これからの時代の生き方の指針になるはずです。ここに書いてあるくらいの知識が

頭に入っていると、具体的にインターネットでビジネス(副業)を展開する時にも

役立つはずです。福沢諭吉の『学問のススメ』のような本だと梅田さん自身が書い

ています。

多少、大げさですが、私もそう思います。


さて、それでも、早く、副業を始めたいという方には次の情報マニュアルがお勧め

です。


1)テリー伊藤氏も「あ然!」とした年収5160万円本の著者川島和正の最新作

「パソコンど素人の主婦やサラリーマンが1日20分の片手間副業で月収273万

円をらくらく稼いだ方法  ~7DAYSプログラム~」

http://www.infotop.jp/click.php?aid=110626&iid=8107



2)ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリ

エイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る図解と動画による手順マニュ

アル-岡崎よしあき(おず)

http://www.infotop.jp/click.php?aid=110626&iid=655


3)じっくりと基盤を作っていくというのであれば次のものもいいです。私も実践

中です。


風花心伝 ブログに好きなこと書いて、おいしく暮らす方法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=110626&iid=24454


あまり目移りさせずにじっくりとひとつのものに取り組めば必ず成果は出てきます

し、「ゆっくりセミリタイヤ倶楽部」が応援もします。

-----------------

金融危機については次の私のブログ記事を読んでみてください。


持つ者の不安が持たざる者の悲惨を引き起こす|蛙の目
http://ameblo.jp/blc/entry-10148361607.html

時事-金融危機|蛙の目
http://ameblo.jp/blc/theme-10008797970.html

CDS・モンスター誕生の次第 - 発見の日々
http://blc.blog.drecom.jp/archive/1244

↑これは昨日のメールマガジンのないようですが、多少加筆しました。

そしてその続きが

CDS・モンスターその後の物語 - 発見の日々
http://blc.blog.drecom.jp/archive/1243



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
<発行人>

森田 達也 (ゆっくりセミリタイヤ倶楽部)

メールマガジン名
「ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう!」

ご意見ご感想は下記の投稿フォームで。
http://form.mag2.com/doueatimou

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

この記事を書いたメンバー

<< 2017年9月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ最新記事

ブログテーマ