大きくする 標準 小さくする

メールマガジンバックナンバー 2008/10

<<前へ

ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう! 第二十五号

 written by 森田 達也 投稿日時:2008/10/31(金) 12:39

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ゆっくりセミリタイヤ倶楽部

「ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう!」

まずあなたのマインドから変えます!!モチベーションアップに役立ちます
よ。

第25号 2008.10.16

http://semiretire.d2.r-cms.jp/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

さあ、夜の7時。仕事はおわりました。これからメールマガジンを書きます。案の

定、株式市場は3日と持たなかったですね。



最近の市場の動きについてはブログに書いていますので、ぜひお読みください。


時事-金融危機|蛙の目
http://ameblo.jp/blc/theme-10008797970.html


アイスランドがまっさきに金融危機に陥ったわけ - 発見の日々
http://blc.blog.drecom.jp/archive/1250


MSN産経の大恐慌とJAZZの記事 - 発見の日々
http://blc.blog.drecom.jp/archive/1249


メールマガジンにそのまま書いてもいいかなとも思ったのですが、やはりこのメー

ルマガジンはセミリタイヤを目指すという人を対象に、いかにそのマインドを保ち

つつ具体的に実践していくかを提言し、一緒に行動していくためのものですから、

それに徹しようと思います。


実は先週の土曜日にゆっくりセミリタイヤ倶楽部の発足式を4人の仲間でやりまし

た。


4人は、ひとりはグラフィックデザイナー。企業のCIも手掛けるベテランで、私と

同郷の鹿児島出身です。二人目はプロのカメラマン。旅行雑誌関係のカメラマンを

やっていましたが、今はフリーでいろいろな写真を撮っています。この二人は私よ

りも少しだけ年齢が上の50歳後半。もう一人は印刷屋さんです。彼は私より一回

り若いですが、もう立派なおじさんです。


この4人で、面白いことをやろうやと集まりました。


はじめは私のネーミングで「おじさん起業倶楽部」としていたのですが、それでは

女性をはじいてしまうし、俺はおじさんじゃないといきがる30代、40代も入り

ずらいだろうということで「ゆっくりセミリタイヤ倶楽部」を正式なサークル名に

しました。


早速、ロゴから作ることになり、もう今日ラフ案があがってきました。


早いです。


写真家には、あるテーマを与えました。地域の写真なのですが、江戸時代からの風

景を写真にしてパネル展をやろうということにしました。当然、案内リーフレット

はデザイナーがやり、印刷は印刷屋。


私は?


コーヒー好きなのを生かして、前から目星をつけていたギャラリー付きの喫茶店と

の交渉です。そこで、ある日の夜を借り切って「カルチャーカフェ」というのを開

こうかなとも思っています。講師は、地域の歴史に詳しい大学の先生。


費用は発生しますが、あるところにスポンサーになってもらって、「ゆっくりセミ

リタイヤ倶楽部」の第一回のリアルでの仕事がスタートすることになりました。


面白そうでしょ。


ちょっとした地域おこしと人材発掘を狙っているのです。


もちろん詳しいことが決まり次第順次お知らせしますが、関心がある方はいまから

でも企画段階から参加可能です。


月に2,3度土曜日の午後、隠れ家に集まってミーティングと勉強会をやろうと考

えています。


場所は東京都内です。参加が無理でもネットでの参加が可能です。SNSを用意するつ

もりでいるのです。


これはリアルの企画なのですが、ネット上に活動の場を作ることをメインにしてい

く計画です。そしてそこにキャッシュポイント(お金が稼げるネット上の仕組み)

をおいていこうということなのです。


デザイナーがいて、カメラマンがいて、印刷屋がいて、企画屋がいるので、かなり

素晴らしいサイトができると信じています。


そしてそれに、これからプログラマーを巻き込もうと画策中です。


それぞれがブログを作り、サイトを作りキャッシュポイントとなる仕組みを作りあ

げるだけで、お小遣い程度にはなると思っていますが、セミリタイヤのためには、

やはりプロジェクトを立ち上げようと考えています。


コンセプトをメンバーのコラボレーションでプロジェクトまで持っていき、その仕

組みを商品化していくというやり方です。日本ではアイデアはなかなかお金になら

ないといいますが、それをカタチにまでしてあげて、譲渡するというビジネスモデ

ルを考えています。


が、大言壮語に取られるのは本意ではないので、地道なところで、実績をみせてい

こくというのが第一段階です。


具体的にブログを作ったり、SNSに登録したり、アドセンスに登録したり、アフィリ

エイトサービスに登録したりということを、実際に集まってやっていく会から始め

ます。


手取り足取り教えますので絶対にできるようになります。おじさんはここからス

タートしなければならないのですが、これが、突破の第一歩だったりするわけです

ね。


目的はひとつ、セミリタイヤ。今の目標もひとつ、ネットの活動拠点作り。


この二つが合致した人だけが集まってまずミーティングをやろうというのです。


関心のある方はぜひご連絡ください。




この前から書き続けていますが、まずはネット革命(チープ革命)を知ることを宿
題にしています。

早速、Google革命について知りたければ次の三冊をお勧めします。

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)梅田 望夫
価格:¥ 777(定価:¥ 777)
http://www.amazon.co.jp/dp/4480062858/ref=nosim/?tag=blc5-22

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)梅田 望夫
価格:¥ 777(定価:¥ 777)
http://www.amazon.co.jp/dp/4480063870/ref=nosim/?tag=blc5-22

あるいは梅田さんと茂木健一郎さんの対談の

フューチャリスト宣言 (ちくま新書 656)梅田 望夫
価格:¥ 735(定価:¥ 735)
http://www.amazon.co.jp/dp/4480063617/ref=nosim/?tag=blc5-22


上のものが新書で読みやすいのでぜひどうぞ。


まず電車の中で読んでみましょう。金儲けの具体的なことは書いてありませんが、

これからの時代の生き方の指針になるはずです。ここに書いてあるくらいの知識が

頭に入っていると、具体的にインターネットでビジネス(副業)を展開する時にも

役立つはずです。福沢諭吉の『学問のススメ』のような本だと梅田さん自身が書い

ています。

多少、大げさですが、私もそう思います。


さて、それでも、早く、副業を始めたいという方には次の情報マニュアルがお勧め

です。


1)テリー伊藤氏も「あ然!」とした年収5160万円本の著者川島和正の最新作

「パソコンど素人の主婦やサラリーマンが1日20分の片手間副業で月収273万

円をらくらく稼いだ方法  ~7DAYSプログラム~」

http://www.infotop.jp/click.php?aid=110626&iid=8107



2)ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリ

エイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る図解と動画による手順マニュ

アル-岡崎よしあき(おず)

http://www.infotop.jp/click.php?aid=110626&iid=655


3)じっくりと基盤を作っていくというのであれば次のものもいいです。私も実践

中です。


風花心伝 ブログに好きなこと書いて、おいしく暮らす方法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=110626&iid=24454


あまり目移りさせずにじっくりとひとつのものに取り組めば必ず成果は出てきます

し、「ゆっくりセミリタイヤ倶楽部」が応援もします。

-----------------

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
<発行人>

森田 達也 (ゆっくりセミリタイヤ倶楽部)

連絡メールアドレス

blc5@excite.co.jp

メールマガジン名
「ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう!」


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう! 第二十四号

 written by 森田 達也 投稿日時:2008/10/16(木) 22:28

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ゆっくりセミリタイヤ倶楽部

ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう!」

まずあなたのマインドから変えます!!モチベーションアップに役立ちます
よ。

第24号 2008.10.09

http://semiretire.d2.r-cms.jp/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今日は気温が高く、変な一日でした。

みなさま、季節の変わり目は体調を崩しやすいのでお気をつけください

。セミリタイヤも体力と気力が大切です。


前回インターネットを使ったマーケティングが

いかに革命的かということを書きました。

AISASという話をしました。

私としては、すごく興奮する話なのですが、

うまく伝わったでしょうか。

口コミでみんなで情報をシェアするということが起これば、

おもしろいことになります。そこに私たちも一枚かんでいきましょう。


たとえば、テレビでだいだい的にキャンペーンを大手企業がやってくれれば、

それをネットで書いて、そこから売れるということが起こります。

これは本当です。木村拓哉さんがドラマで着たTシャツがヤフーオークションで

4万円で売買されているのを知っていますか。

ネットの爆発力はすごいです。

CMをみてドラマを見ながらファンはネットで検索するのですが、

その検索でうまく上位に来るshopを作れば、

そのshopが個人が運営するものであってもそこから売れるのです。


これがアフィリエイトやドロップシッピングの仕組みですが、

これは、いまからでも、まだまだこれからチャンスがある市場です。



常に検索エンジンの動向などに関心を持っていれば、あるいは世の中の

動きに関心を持っていれば、思わぬチャンスが転がっている

ということになります。そういう目で電車の中づり広告を見てみてください。

これが人気らしい、それに関係するショップを作れば売れるかもしれない、

そういう発想です。


これは、副業として一日2時間ぐらいじっくりと取り組んでみる価値の

あることです。


やみくもに「儲け話」に乗って、無駄に作業をするよりは、

しっかりと段取りをつけて、コツコツとやっていけば、

必ず基盤ができます。



おまえはどうなんだと言われそうですね。


はい、実は、最初にyahoo!のオークションから初めて、

アマゾンのマーケットプレイスをやり、その後アフィリエイトを

手掛けてきました。副業としてはそれなりに稼いできており、

実際に屋号も持ち、個人事業主として青色申告をしています。



そして、そして今年の6月に、本格的に情報起業というビジネスの

世界を書店の本を皮切りに徹底して勉強しました。


息子がニュージランドに留学したいと言い出したのですが、

さすがにサラリーマン家庭には家計的に厳しいものがあります。

息子にもせっかくニュージーランドに行くならその地の利を生かして

ネットでアルバイトできるのではないかと思い、

ちょっとやり始めたのです。


情報起業(インフォプレナー)というビジネスがあることは、

知ってはいましたが、言葉たくみに欲の皮の突っ張った

素人をだますサギっぽい商法かなという先入観を思いっきりもって

いましたので、その思い込みを拭い去るのに本当に苦労しました。

わかってしまえば、インターネットの特性を生かしてビジネスが

起こせるのだと思うのですが、その発想の転換はなかなか

むつかしいと思います。


おそらく、このメールマガジンの読者にもそういう人が多いと思います。

本当か?そんなに儲かるの?

たしかに宣伝文句のように一週間ですぐに何十万円も儲かるようにはなりません。

いや、あるかもしれませんが、それにはやはり仕事をなげうって、

そのことに没頭しないと無理です。

これは、私が調べた結論です。

もう一度いうと、確かに、すぐに儲かる方法はありますが、

そのためには、仕事をなげうって寝ないで3か月くらい

打ち込む覚悟が必要です。



だから、あなたが失業していて、時間はあるというならすぐにでも

はじめてください。

でも仕事を持っている人には無理です。中途半端になるので、

もう少しじっくりと根本から作り上げていく方法をお勧めします。



航海には「地図」と「風見」と「羅針盤」が必要です。

それに「経験豊かな航海士」が必要です。

これが、ヒントです。

地図を書きましょう。

将来設計図ともいえます。

時代を読む風見が必要です。これは、今の金融危機をみれば、

それがいかに大切かわかるでしょう。他の人が見るような方向性ではだめですよ。

未来を見通す「ビジョン」です。

そして北を指すぶれない羅針盤が必要です。目標に向かって、ぶれてはいけません。

今日の1000円に目がくらんで、将来の百万円を逃すということが

あってはいけません。

目標はしっかりと持ちましょう。

誘惑も多くありますし、外野の声も気になりますが、

一度決めたら、それを貫きましょう。

-------------

さて、それでも、早く、副業を始めたいという方には次の情報マニュアルがお勧め

です。


1)テリー伊藤氏も「あ然!」とした年収5160万円本の著者川島和正の最新作

「パソコンど素人の主婦やサラリーマンが1日20分の片手間副業で月収273万

円をらくらく稼いだ方法 ~7DAYSプログラム~」

http://www.infotop.jp/click.php?aid=110626&iid=8107



2)ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリ

エイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る図解と動画による手順マニュ

アル-岡崎よしあき(おず)

http://www.infotop.jp/click.php?aid=110626&iid=655


3)じっくりと基盤を作っていくというのであれば次のものもいいです。私も実践

中です。


風花心伝 ブログに好きなこと書いて、おいしく暮らす方法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=110626&iid=24454


4)ドロップシッピングを日本に広めた富田貴典さんドロップシッピングの

教科書もじっくり取り組みのにぴったりです。

30日間海外ネットショップ構築マニュアル + 海外ブログで自動的に稼ぐ
5つの仕組み
http://www.infotop.jp/click.php?aid=110626&iid=2020


早速ショップをもちたければ

図解!14日間で学ぶ!ドロップシッピング型ネットショップのホームページ
作成講座
http://www.infotop.jp/click.php?aid=110626&iid=26022


あまり目移りさせずにじっくりとひとつのものに取り組めば必ず成果は出てきます

し、「ゆっくりセミリタイヤ倶楽部」が応援もします。

-----------------

金融危機については次の私のブログ記事を読んでみてください。


持つ者の不安が持たざる者の悲惨を引き起こす|蛙の目
http://ameblo.jp/blc/entry-10148361607.html

時事-金融危機|蛙の目
http://ameblo.jp/blc/theme-10008797970.html

CDS・モンスター誕生の次第 - 発見の日々
http://blc.blog.drecom.jp/archive/1244

↑これは昨日のメールマガジンのないようですが、多少加筆しました。

そしてその続きが

CDS・モンスターその後の物語 - 発見の日々
http://blc.blog.drecom.jp/archive/1243



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
<発行人>

森田 達也 (ゆっくりセミリタイヤ倶楽部)

メールマガジン名
「ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう!」

ご意見ご感想は下記の投稿フォームで。
http://form.mag2.com/doueatimou

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう! 第二十三号

 written by 森田 達也 投稿日時:2008/10/10(金) 00:05

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ゆっくりセミリタイヤ倶楽部

「ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう!」

まずあなたのマインドから変えます!!モチベーションアップに役立ちます
よ。

第23号 2008.10.07

http://semiretire.d2.r-cms.jp/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

前々回からインターネットを使って戦略的に資金を得ていく方法を紹介しはじめま

した。

ほとんど費用をかけずに資金を作りだす方法がインターネットにはあるのです。


インターネットでの消費行動の頭文字を組み合わせて AISAS というキーワードで

説明します。


これは実によくとらえていると感動します。

元々のAIDMA(アイドマ)という言葉がマーケティングの世界に存在したから、

それをインターネットに移して考えた時にAISAS(アイサス)という言葉が誕生し

たのでしょうが、それにしても、よくここまで簡潔に行動をまとめたと関心します。

今日、ノーベル物理学賞の日本人の受賞ニュースがありましたが、

私はAISASにノーベル賞を与えたいくらいです。(笑)



だから、このAISASに沿って売る仕組みを考えていくと必ずうまく行きます。

おさらいですが、

AIDMAは

A ATTENTION 注意の喚起

I INTEREST  関心

D DESIRE   欲求

M  MEMORY     記憶

A  ACTION   購買行動

で古典的なマーケティングの教科書に出てくる消費行動です。


テレビCMを想像していただければ非常にわかりやすいと思います。


広告手法はこれもとにして組み立てられているのです。


テレビCMを見た人は

「おや」

「おもしろいね」

「ちょっと欲しいかも」

「今度お店で見てみよう」

「買っちゃおう」

という流れで購買行動をします。一生懸命に注意を引き、関心を持ってもらうとい

うことをやります。


ところがインターネット時代の消費行動は、少し違っているわけです。

A ATTENTION 注意の喚起

I INTEREST  関心

S SEARCH   検索  

A  ACTION     購買行動

S SHARE   共有  


後半が違います。関心を持ったら、検索をするというのです。

これが「Google革命」といわれたことです。Google前は情報を探すのに、カテゴリ

から探していました。

それがGoogleの出現で検索して情報を探すようになりました

し、Yahoo!もそう変わりました。

今Googleが10周年のキャンペーンをやっていますが、

ほんとにここ10年の大きな革命的な変化なのです。


そして、今も変化しつづけています。

この流れに乗り遅れずについていけば大きなチャンスがころがっているというこ

とになるのです。

これは、よくいえませんが、興奮するくらいすごいことです!


またGoogle革命はチープ革命ともいわれるように、すべてのサービスを無料化する

ということでもあるのです。


とにかくSEARCHという行動、

そしてその後にくるもうひとつのS、SHAREということの持つ意味がわかってくると、

インターネットがどれほど強力な武器であるかがわかってきます。


SHAREは共有ですが、ようするに「口コミ」で広がる力です。一度、いいとなるとネ

ットを使って爆発的にブームが出来上がります。個人が作ったサイトに一日に数万

人が訪れるということが起こるのです。


そのための仕掛けと仕組みを作りあげた人たちが、今ネットの世界で長者になりつ

つあるというのです。


ネットは24時間休みません。たとえあなたが寝ている間も、あるいは旅行に出てい

る間も、あなたの分身であるあなたのサイトは24時間オープンしていて、常に全世

界からお客さんが訪れるということが起こるのです。


この仕組みは、たとえ、一日1時間しか時間が取れなくても、一年かけて作り上げる

価値があることだとは思いませんか。


むつかしくても、こつこつやれば、ある日、膝を打って、「なあんだ、そういうこ

とだったのか。」という瞬間が訪れます。みんな簡単だ簡単だと宣伝しますが、多

少、むつかしいくらいの方が、参入ハードルが高く、先に行くものに実は有利です。


「もうはまだなり、まだはもうなり」という株の格言がありますが、インターネッ

トについていえば、

「決して遅いということはありません」


アメリカ発の金融危機で少し、経済が停滞するでしょう。比較的に元気といわれる

シリコンバレーも、さすがに影響を受けるでしょう。


この時がチャンスです。一気に追いつくチャンスです。

今はむしろ「インターネットでやれることが多すぎて、実際に応用する時間がな

い」というのが、正直な状況です。

アイデア次第で稼げるサービスがいっぱいころがっているのですが、しかも無料の

サービスです、使いこなせていないのです。


これらを、じっくりと攻略して、ほとんど職人技のように、手になじんだ道具にま

で育てていけば、自在に利益を生み出すサイトが作りあげられます。


そのことがわかれば、今日からでも勉強をしたくなるはずです。


早速、Google革命について知りたければ次の一冊をお勧めします。


梅田望夫(うめだもちお)さんの『ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶ
か』
http://www.amazon.co.jp/dp/4480063870/ref=nosim/blc5-22/

あるいは梅田さんと茂木健一郎さんの対談の


『フューチャリスト宣言』
http://www.amazon.co.jp/dp/4480063617/ref=nosim/blc5-22/


が新書で読みやすいのでぜひどうぞ。


まず電車の中で読んでみましょう。金儲けの具体的なことは書いてありませんが、

これからの時代の生き方の指針になるはずです。ここに書いてあるくらいの知識が

頭に入っていると、具体的にインターネットでビジネス(副業)を展開する時にも

役立つはずです。福沢諭吉の『学問のススメ』のような本だと梅田さん自身が書い

ています。

多少、大げさですが、私もそう思います。


さて、それでも、早く、副業を始めたいという方には次の情報マニュアルがお勧め

です。


1)テリー伊藤氏も「あ然!」とした年収5160万円本の著者川島和正の最新作

「パソコンど素人の主婦やサラリーマンが1日20分の片手間副業で月収273万

円をらくらく稼いだ方法  ~7DAYSプログラム~」

http://www.infotop.jp/click.php?aid=110626&iid=8107



2)ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリ

エイトで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る図解と動画による手順マニュ

アル-岡崎よしあき(おず)

http://www.infotop.jp/click.php?aid=110626&iid=655


3)じっくりと基盤を作っていくというのであれば次のものもいいです。私も実践

中です。


風花心伝 ブログに好きなこと書いて、おいしく暮らす方法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=110626&iid=24454


あまり目移りさせずにじっくりとひとつのものに取り組めば必ず成果は出てきます

し、「ゆっくりセミリタイヤ倶楽部」が応援もします。

-----------------

金融危機については次の私のブログ記事を読んでみてください。


持つ者の不安が持たざる者の悲惨を引き起こす|蛙の目
http://ameblo.jp/blc/entry-10148361607.html

時事-金融危機|蛙の目
http://ameblo.jp/blc/theme-10008797970.html

CDS・モンスター誕生の次第 - 発見の日々
http://blc.blog.drecom.jp/archive/1244

↑これは昨日のメールマガジンのないようですが、多少加筆しました。

そしてその続きが

CDS・モンスターその後の物語 - 発見の日々
http://blc.blog.drecom.jp/archive/1243



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
<発行人>

森田 達也 (ゆっくりセミリタイヤ倶楽部)

メールマガジン名
「ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう!」

ご意見ご感想は下記の投稿フォームで。
http://form.mag2.com/doueatimou

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう! 第二十二号

 written by 森田 達也 投稿日時:2008/10/08(水) 00:42

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ゆっくりセミリタイヤ倶楽部

「ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう!」

まずあなたのマインドから変えます!!モチベーションアップに役立ちます
よ。

第22号 2008.10.04

http://semiretire.d2.r-cms.jp/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

昨日からインターネットを使って戦略的に資金を得ていく方法を紹介しはじめまし

た。


いきなり、金儲けしたいということで情報ビジネスやアフィリエイトの世界に飛び

こんで、情報商材を買い、ブログやホームページを作り始める方が多いのですが、

これは「戦略」がありませんので、おそらくうまくいきません。


それは方法論(戦術)であって、戦略ではないからです。たとえは悪いですが鉄砲

は持ってもどこに打てばいいのかわからないのです。世の中には性能のいい武器は

いっぱいあるのでしょう。でもどこに向かって打てばいいかわからないでは、うま

くいくはずがありません。


どうしても先に稼げる方法が知りたい方、とりあえずお金が必要な方は次のマニュ

アルをお勧めします。評判がとてもいいです。


ブログアフィリエイトで日給8万円 ブログとメルマガ、情報商材のアフィリエイ

トで、3ヶ月で月収30万円を稼ぐ仕組みを作る図解と動画による手順マニュアル

-岡崎よしあき(おず)

http://www.infotop.jp/click.php?aid=110626&iid=655


じっくりと基盤を作っていくというのであれば次のものもいいです。私も実践中で

す。


風花心伝 ブログに好きなこと書いて、おいしく暮らす方法
http://www.infotop.jp/click.php?aid=110626&iid=24454


あまり目移りさせずにじっくりとひとつのものに取り組めば必ず成果は出てきます
し、「ゆっくりセミリタイヤ倶楽部」が応援もします。

目標の立て方は昨日のメールマガジンをお読みください。

http://www.mag2.com/m/0000270932.html





大戦略シリーズというか、いまもっともホットなテーマから次の展開を考えてみた

いと思っていますので、今日はその話をします。とにかく読んで面白かったので紹

介しますね。


今週号のニューズウィークの「」という記事にJPモルガンがCDSという怪物を

生み出した時のエピソードが紹介されています。原子爆弾にもフランケンシュタイ

ンにもにも比喩される金融モンスター誕生の物語ですね。読みごたえがありますよ。

これがフィクションなら本当にエンターテイメントとして楽しめるのですが、実際

に失業の憂き目にあっている人や全ての財産を失って路頭に迷う人をこれから多く

だし、あの美しくなったニューヨークの街が再び荒んだ街になるかも知れないと考

えるとそうも言っておられません。


「94年にJPモルガンのバンカーたちがフロリダのボカラトン・リゾート&クラ

ブで過ごした週末はウォール街の伝説となっている。彼らはピンク色の壁のスペイ

ン風リゾートで週末の大半を会議室に引きこもり、銀行業の歴史と同じだけ古い問

題の解決に取り組んだ。誰かにお金を貸したとき、それが返ってこないリスクをい

かに軽減するか、というものだ。


当時、JPモルガンの資産は企業向けや外国政府向けの数百億ドルの貸し出しで膨

張していた。問題は、連邦法の定めで、それらの融資の貸し倒れリスクにそなえる

準備金として巨額の自己資金をつまなければならないことだ。利益を生まない金で

ある。


バンカーたちが思いついたのは、ある種の保険商品だ。貸し倒れた場合の元利金の

支払いを第三者に保証してもらい、代わりに銀行は保険料を払う。そうすれば、J

Pモルガンはリスクをバランスシートから切り離し、準備金を取り崩して商売に回

すことができる。


この仕組みが『クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)』で、デリバティブ

(金融派生商品)の一種だ。CDSのアイデア自体はその2、3年前からあったが、

大きな取引をしたのはJPモルガンが最初だった。同社は90年代半ばに『スワップ

数学者や科学者を雇い入れた。


数年後には、安定的な収益を確保しながらリスクを回避する手段として、CDSは

最もホットな金融商品となった。『マンハッタン計画にかかわった人たちの話を聞

いたことがあるが』と当時JPモルガンの専務取締役をしていたマーク・ブリッケ

ルは言う。『あのときボカラトンに集まったわれわれにも、大変なものの創造に立

ち会っているという実感があった。』…今日、経済がよろめきウォール街が廃墟と

化したのは、彼らが14年前に解き放った怪物に大きな責任がある。


アメリカ最大の保険会社AIGは投資銀行や保険会社などに対して保証していた140

億ドルにのぼるCDSの支払いに行き詰まり、納税者の金で救済された。この一年

の金融システム危機の原因の多くは元をたどればCDSに行き着く。その市場は62

兆円に達した。ニューヨーク証券取引所に上場する全株式の時価総額の4倍近い額

だ。」


どうですか?モンスター誕生の次第です。


今日はここまでにしますが、この怪物がどのようになったのか、またお話しします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
<発行人>

森田 達也 (ゆっくりセミリタイヤ倶楽部)

メールマガジン名
「ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう!」

ご意見ご感想は下記の投稿フォームで。
http://form.mag2.com/doueatimou

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう! 第二十一号

 written by 森田 達也 投稿日時:2008/10/04(土) 14:10

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ゆっくりセミリタイヤ倶楽部

「ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう!」

まずあなたのマインドから変えます!!モチベーションアップに役立ちます
よ。

第21号 2008.10.03

http://semiretire.d2.r-cms.jp/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

さあ、21号です。そろそろ具体的なセミリタイヤの準備の話に入りますね。

ずばり!

インターネットを使って、資金を作り、それを元手に分散投資しながら資金

をふくらませていくという方法です。分散して、ハイリスクのものにチャレン

ジすることで一気に成功することもできます。

が、

その前に、土台を作る。小さく確実に儲けていくための土台をインターネット

で作るというのが「戦略」です。

頭でわかっていても実行するのは難しいので、みんなで知恵を出し合い、ある

いは岡目八目力(おかめはちもくりょく)、これは私の命名ですが、要するに

他人のことはよくわかるということを応用して、互いにコーチやメンターを

つとめるということで倶楽部を作っているわけです。

さあ、今日の話をお聞きください。

-------------

アフィリの近道

アフィリエイトで成功する方法

まず、月にどれくらい「稼ぎ」たいかを決めます。

これはとても大事です。

どれくらいの時間をそのために割けるかも決めます。

10時間という人もいれば30分という人もいますので、これは一概にいえません

が、30分は30分なりの収益になることも頭にいれて目標額を決めてください。


副業なら2時間、月に3万円がスタートだと思います。


これだと時給換算で約500円にしかなりません。ただし移動時間とか交通費は

なく、好きな時間が使えると考えると副業としては悪くないかもしれません。


要するにこの金額の設定は一日1000円を2時間で稼ぐという設定です。


しかし、3ヵ月後くらいから月に8万円を目指せますので、これがスタートで

はないでしょうか。


はじめの3ヶ月 月に3万円

次の6ヶ月で  月に8万円(なぜそうなるかは、アクセスが増えれば自然と

アドセンスなどの収入が自然と増えるからです。そして広告もとれるように

あります。実際に月に二万円を出してくれる企業スポンサーもいます。影響の

大きなブログをもつということはそういうことです。)


こんな感じですかね。

あくまで副業ですよ。

ばりばり情報起業を目指して、一日のすべてをネットに使うという人の話は

全然違います。


ただ、この基礎を作らないと、急に売れなくなったりするという変動に弱いよう


に思います。(私自身yahoo!の検索エンジン変動になかされた経験があります。


amazonのインスタントストアは毎日何万もするDVDボックスが売れていたのです

が突然アクセスが減り始めました。まだPPC広告ということを知りませんでした

ので、そのままあきらめました。


突然アクセスがなくなるというより、徐々に消えていくのですよ、最後は「風前

のともしび」という表現がぴったり。その後、約3ヶ月で命がついえたという感

じでした。


ですので、ひとつの方法ではなく、しっかりと有機的にアフィリエイトを組み立

てていくことが大切だと思っていますので、はじめの3ヶ月がとても大切です。


ブログをしっかりと作ります。



その後にメールマガジンや無料レポートを作ればどうでしょう。いきなり、すべ

て同時は、「副業」には無理です。

時間がかけられない分を、時間を引き延ばして作りあげるということをやるとい

う「戦略」です。


専業者が寝ないで1ヶ月でやることを、副業は2時間で3ヶ月でやる感じです。

ただ集中も必要ですので、休みが取れる日に一気に作業するというリズムが大

切です。


その際には、どのように段取りを立てツールを活用して効率よく作業すること

がとても大切です。


一日作業しても、あれやこれや、ネットサーフィンしているうちに終わるとい

う苦い経験は誰でもあると思いますが、これを避けないと飛躍はありません。


TTD(todoリスト)の作成と効率化のための環境・ツールには常に気を配りまし

ょう。


これは通勤時間にやれることです。有用なメールマガジンなどプリントアウト

してこの時間に読みます。


手帳(手書きが一番)を常に携行して、作業段取りやアイデアを書きとめます。


それをPCの前に座ったら速やかに作業に移すという習慣が大切です。


アフィリエイトは、厳密に、「確率」の勝負です。ちゃんとやればちゃんと

「確率」にしたがって売れます。


売れる商材×アクセス数


です。


カテゴリはアフィリエイト分野以外のところで狙うことをお勧めします。

芸能関係は強いですよ。熱狂的なファンが多数いるところが、強いのでyahoo!など

オークションサイトをよく観察するとヒントが得られます。(ランキングサイトの

inの数を見ろというのも有効なアドバイスですね)

------------

以上です。

気になる金融危機のまとめをしています。

時事-金融危機|蛙の目
http://ameblo.jp/blc/theme-10008797970.html

マスコミがいっていることの
裏にかならず隠れた真実があります、インターネットの時代はそれに

私たちがアプローチできる時代でもあるのです。

昨日の日経朝刊のTOPの富士通のHDD事業売却の記事と富士通のサイトに出た

事実無根ですというリリースなど、裏側を探ると面白いですよ。

こちらに書きました。

富士通がHD事業をウエスタンデジタルに売却というと日本語問題

 - 発見の日々

http://blc.blog.drecom.jp/archive/1240

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
<発行人>

森田 達也 (ゆっくりセミリタイヤ倶楽部)

メールマガジン名
「ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう!」

ご意見ご感想は下記の投稿フォームで。
http://form.mag2.com/doueatimou

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
«前へ