大きくする 標準 小さくする

メールマガジンバックナンバー 2008/9

<<前へ
rss

ゆっくりじっくり一緒にセミリタイヤを目指しましょう 第十八号

 written by 森田 達也 投稿日時:2008/09/30(火) 11:24

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ゆっくりセミリタイヤ倶楽部

「ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう!」

まずあなたのマインドから変えます!!モチベーションアップに役立ちます
よ。

第18号 2008.09.20

http://semiretire.d2.r-cms.jp/




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

こんにちは、ゆっくりセミリタイヤ倶楽部の森田です。台風も東の海上を通り

過ぎ、関東地方は朝から晴れました。各地で雨がすごかったようですが、皆様

におかれましては被害はなかったでしょうか。


実は、今日、本業の方でイベントがありました。運営の責任者ですので、天候

のことは一番気がかりですが、毎回、結構、天候には恵まれます。自慢ではな

いですが、「晴れ男」です。


10年以上年に6回以上屋外のイベントをやっていますので、そのたびに緊張す

るのですが、いつしか、イベントは「気合」だと思うようになりました。念と

言うか気と言うかそういうものをこめて準備すると、結構、うまくいきます。


きっと、うまくいかなかった時にもそれなりに良いところを見出して来ている

ので、良かったことしか覚えていないのかもしれません。


そういうわけで、今日のイベントが一段落したところで今日のメールマガジン

を書いています。


------------------------------


アメリカの金融安定策が一応、効を奏して、株価は上昇しているようです。


とはいえ、いろんな悲劇が見えないところで起こっています。もちろんリーマ

ンの社員もそうですが、報道はされないけれども影響を受けた人は数知れず、

いるということです。数知れずと書きましたが、まさに、計り知れないくらい

の人が、それぞれの国で悲劇に見舞われているのです。


こういうときこそ、ぼーっとしないで、徹底して情報を集めてみましょう。


セミリタイヤを実現するためには、他の人と違う視点が必要なのです。


新聞に書いてあること、テレビのキャスターがしゃべることを受け売りしてい

るだけでは、「半歩先」(この言葉はセミリタイヤ倶楽部のキーワードです。

一歩先ではなく、半歩先なのです。詳しくは、このメールマガジンを読んでく

ださると、なんとなくわかっていただけると思います。)


今はインターネットがありますから、本当に、すごい情報が集められます。


どのようにするかを今日は少し書いてみますね。


といっても私の方法なので、もっとすごい方法を実践しておられる人が読者に

いたら恥ずかしいのですが、まあ、そこは大目にみてください。


まず、ニュースサイトの検索でキーワードを入力して、記事を集めます。


今回の株価暴落の中で、儲けた人物がいるのではないかと思った私は、「投資

家 天才」で検索して見ました。


当然、ジョージ・ソロスとはバフェットの名前がひっかかってきます。


気になる記事は次々にクリップします。


クリップはソーシャルブックマークを使うと便利ですが、他の人と共有すると

いうほどのものでもなく、むしろなんでもかんでもクリップしていきたいので

私は「livedoor clip」というサービスの記事クリップを使います。


livedoor clip
http://clip.livedoor.com/


気になった記事があれば、それをクリップしていきます。


そういう作業を20分も続けていると、はじめはやみくもにクリップしていて

も、だんだんとだんだんと何かが見えてきます。


今回の市場安定策の中で各国がとったののひとつが「空売り禁止」だったわけ

ですが、どうも、これが引き金を引いたのかもしれないとか。


その作業をして、後でクリップしたものを眺めてみます。場合によっては記事

をプリントアウトします。やはり、画面で見るよりも印刷されたものを手にと

って眺めた方が、いろいろと見えてくるものです。行間からキーワードが浮か

び上がるという感じです。


その作業で、さらに、より小さな「キーワード」が見えてきたら、今度はRSS

リーダーに、そのキーワードを入れて、毎日記事が届くようにします。


RSSリーダーには、いろいろなニュースサイトや専門雑誌、ブログなどを登録

しておかなければなりませんので、とりあえず、GoogleNews(これは主要なニ

ュースサイトをカバーしていますので)にキーワードを登録してメールで届く

ようにしておくと手っ取り早いと思います。


ただ、手っ取り早いですが、網羅されているとはいえません。面白い情報はむ

しろそこにはなく、もっとコアなあるいはレアなサイトにあるのです。RSS

リーダーにできるだけ多くのサイトを登録して、キーワードフィルタで面白い

記事を見つけてください。


この前『アルファーギークに逢ってきました』小飼弾著という本を読んだので

すが、その中にlivedoor Readerの開発者の話が出てきます。なんと2000サイ

トを購読しているというのです。


livedoor Reader
http://reader.livedoor.com/


上記のリンクから一度使い方を見てみてください。かなり使えるサービスだと

いうことがわかっていただけると思います。


これでキーワードに従って記事を読み、集めていくと必ず何かが見えてくるん

ですよ。

このメールマガジンはいつもこんな話ばっかり?


具体的に儲ける話は実はやっているんですが、ちょっと、まだ公開できません。


実践中ですが、結果が出てから話します。一日、1万円くらいの儲け(売り上

げじゃなく)になったら、話せるでしょうかね。


---------------------------


今回は、そうしたなかの一つで恐慌の到来と金投資の可能性を8月地点で出版

した松藤民輔氏の『わが友恐慌』を紹介しておきます。


「わが友恐慌-これから日本と日本人の時代が訪れる8つの理由 」
松藤民輔著・講談社・価格:¥ 1,470 (税込)
http://www.amazon.co.jp/dp/4062148811/blc5-22/ref=nosim/


ついでにもう一冊、ジョージ・ソロスの出たばかりの本です。
「ソロスは警告する」講談社 (2008/9/2)
http://www.amazon.co.jp/dp/406214915X/blc5-22/ref=nosim/


以下amazonの紹介より

【 内容紹介 】

今日のサブプライム危機は、さらなる巨大バブルの序章に過ぎない!!

伝説の投資家が警告する「最悪の経済危機」とは?


●本書のおもな主張

1:現在の景気後退は、単なる「アメリカの住宅バブル崩壊」以上のものである。

2:現在のサブプライムバブルは、はるかに大きな「超バブル」のわずか一部分

に過ぎない。

3:今年末までに、一九二九年の大恐慌と比肩するほどの「超バブル」が崩壊す

るであろう。

4:アメリカ・ドルを国際基軸通貨とした信用膨張の時代が終焉を迎えようとし

ている。

5:この「超バブル」は、これまでの信用膨張の飽くなき肥大化(支配的なトレ

ンド)と、市場原理主義という支配的な誤謬とによって生み出され、強化され

てきた。

6:長年にわたって筆者が主張してきた「再帰性理論」を用いれば、現在のバブ

ル崩壊の過程を有る程度まで正しく認識することが可能である。

7:「経済エンジン」としてのアメリカは間違いなく衰退化する。新しいエンジ

ンとして中国・インドおよび中東が期待される。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
<発行人>

森田 達也 (ゆっくりセミリタイヤ倶楽部)

メールマガジン名
「ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう!」

ご意見ご感想は下記の投稿フォームで。
http://form.mag2.com/doueatimou

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう!第十七号

 written by 森田 達也 投稿日時:2008/09/20(土) 18:49

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ゆっくりセミリタイヤ倶楽部

「ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう!」

まずあなたのマインドから変えます!!モチベーションアップに役立ちます
よ。

第17号 2008.09.17

http://semiretire.d2.r-cms.jp/



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

しばらくメールマガジンを休みました。

読者のみなさん、ごめんなさい。

じっくりと戦略を練っていたのです。

だってアメリカのサブプライム処理や自民党の総裁選を見ていると、戦略を考えざ

るをえないと思ったのです。


特にリーマンブラザーズの破たんでブラックサンデーとか言われているわけですが

この持つ意味を考えなければ、セミリタイヤは実現しません。


バブル期には資産が2億あれば8%の金利で暮らしていけると考えた人が多かったの

です。


ところがその後の金利ゼロ政策で、それが捕らぬタヌキであったことがわかりまし

た。


だから、変化の時に時代のちょっと先を読むということが大事なのです。ちょっと

先ですよ。早すぎても、だめです。


このアメリカの金融危機で儲けた人がいるのでしょうか?いるでしょうね。それが

インサイダー情報とかではなく、自らの判断で売り抜けていたとすると、ひとまず

そういう人の情報力や手法を探るべきです。


目下、それをネットで探しています。面白いですよね。ネット時代ですから、必ず

そうした情報はあります。


ネットはノイズも多いですが、貴重な情報もあります。


そのことをブログに書きました。


-------------------

「アメリカは100年に一度の金融危機」というグリーンスパンの発言が15日にありま

した。

アメリカがくしゃみをすると日本(そして世界も)は風邪どころか肺炎を起こしか

ねない状況ですので、ちょっと、注目すべきですね。


しばらくウォッチャーになった方がいいかもしれません。政府は隠す、でもネット

には情報があふれる、今日的な状況ですが、その中で、私たちができる情報収集と

いうのもありそうです。


ブログが、情報を収集し、整理して、輪郭を描き出す。ということだって不可能で

はないと思っています。


すべてが取材による一次情報ではなく、どこかで伝えられた二次情報であるわけで

すが、それでも、アンテナがあれば、何かを感じ取ることは可能かなと、考えてい

ます。


ソーシャルメディアとしてのブログ。このブログは「蛙の目」と名乗り、社会を見

るときにちょっと違う視点を持ちたいと考えていますので、出番?かなと。


まあ、大それたことを考えているのではなく、流れてくる情報を、捨てながら、重

要なものを収集し、整理していくだけで、もっと大きな流れが描けるはずです。


とにかく、総裁候補たちの街頭演説を聞いて、この国は大丈夫?と思った人は私だ

けではないと思います。


そんなわけで、このニュースは注目です。

-----------

ちょっとお休みをいただいて、考えたこと、明日から書きますね。




■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
<発行人>

森田 達也 (ゆっくりセミリタイヤ倶楽部)

メールマガジン名
「ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう!」

ご意見ご感想は下記の投稿フォームで。
http://form.mag2.com/doueatimou

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう! 第十六号

 written by 森田 達也 投稿日時:2008/09/17(水) 20:04

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ゆっくりセミリタイヤ倶楽部

「ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう!」

まずあなたのマインドから変えます!!モチベーションアップに役立ちます
よ。

第16号 2008.09.03

http://semiretire.d2.r-cms.jp/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

また暑さがぶり返しましたね。体がついていけません。冷房の中で仕事をしている

と夜眠れなくなることがあります。


ほんとに自然の中で仕事をしたいですね。


きれいな藻がある冷たい川の流れとか憧れますね。確か刃物の関市などそんな感じ

の川が流れていますね。この季節にいったことがあります。梅花藻(バイカモ)が

はえていてきれいでした。津和野の鯉のいる小川もいいですが…


結構全国を歩いてきた森田です。


+++++++++++++++++

実は本屋に並ぶ「楽して月に百万円稼ぐ方法」みたいな本、テリー伊藤や真鍋かを

りや森永卓郎が「これはすごい!」と帯で推奨している本に目が眩み、何冊か、い

や何冊も読んでしまいました。


情報商材ビジネスというらしいのですが、からくりはこうです。情報起業家(イン

フォプレナー)という人がいてそれを専門に扱うアフィリエイトサービス会社があ

り、それをアフィリエイトする情報商材アフィリエイターがいる。


この情報商材はpdfの形でオンライン販売されるため複製にコストがかからない。原

稿を執筆しさえすればあとはほとんど原価0、そのためアフィリエイターに支払わ

れる報酬が桁違いにいい。大体2万円前後の商材が多いが、アフィリエイターには

ほぼ半額の一万円が報酬として支払われる。


ちょこっとお金儲けをしたい、ネットは儲かるらしいということから甘い話によっ

てくる人は多い。いや、こういう時代だからこれから増えていくに違いない。

そこに蜜のでる甘いトラップを仕掛ければ向こうからよって来る。


トラップの手法はこうだ。


++++++++++++++++++
私もみなさんと同じように普通にお金の苦労をしました。


いや、むしろあなたよりもウーンと不幸、悲惨、壮絶、惨めな人生を歩いてきまし

た。


その私があること、あるものに出会い、あるいは発見し、こんなに成功しました。


働かなくて、海外旅行をしていても、「不労所得」がこんなにあります。


夢のプチリタイヤ生活、いやもう完全リタイヤだって可能です。


成功したのは私だけではありません。この商材により成功者が続出しています。

私と同じように情報ビジネスで成功した人が推薦してくれています。


あの有名なアフィリエイターさんだって絶賛です。


本当は4万くらいは頂かないと教えたくないのですが、いまだけ12800円。あ

と2週間で値上げします。


こんなにお得な情報で十分ではありますが、ご購入いただいた方だけにさらに買え

ば10万円以上の商材を特典としてつけます。


++++++++++++++++++
こんな感じのサイトに誘導するわけです。


人はあなただけ、あなたは他の人と違って賢いというのに弱いですから、こうした

心理を巧みにつけばまさに一撃です。

どうでしょう。


続きはまた書きます。


++++++++++++++

結構本音を書きました。


今日はここまで。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
<発行人>

森田 達也 (ゆっくりセミリタイヤ倶楽部)

メールマガジン名
「ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう!」

ご意見ご感想は下記の投稿フォームで。
http://form.mag2.com/doueatimou

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう! 第十五号

 written by 森田 達也 投稿日時:2008/09/17(水) 20:01

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ゆっくりセミリタイヤ倶楽部

「ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう!」

まずあなたのマインドから変えます!!モチベーションアップに役立ちます
よ。

第15号 2008.09.02

http://semiretire.d2.r-cms.jp/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

福田首相の突然のリタイヤびっくりしました。

昼間、定食屋でワイドショーを見ていたら国士舘大学の石井慧さんが飛ばしてまし

た。金メダルを取ったあと福田首相に会って握手をした時、やめるなと思ったので、

まだやめるな!と念を送ったのに通じなかったみたいなこと。それから国士舘大学

の学長にも一言。テレビに映るのに震えているようじゃ、これから大丈夫かなと思
ったと。


舌好調というやつですね。まあ、あまり図に乗らない方がいいとは思います。懐か

しい勝って兜の緒をしめよという言葉もありますから。


さて、今日は趣向を変えてというか、いよいよ、どう稼いでいくかにそろそろ入ろ

うと思います。


今日ブログにこんな内容のことを書きました。

+++++++++++++++++

最近では簡単にサイトを作り、そこへの誘導はPPC広告でやり、利益率の高い商品を

売って稼ぐという手法が、花盛りです。


あるいは、メールマガジンを発行し、リストを集める。


リストを集めるために、無料レポートを作る。レポートを読めばメールマガジンに

自動で登録する仕組みになっていますので、とにかく無料レポートを作るわけです。


最近は書店に並ぶ本もメールマガジンのリストを集めるために使われているようで

す。


情報商材では何万円もするノウハウを、どうして1500円くらいの本にして出版する

のか、そのからくりはメールマガジンへの誘導です。


ちょっと前、情報商材のブームが来る前に自己啓発セミナーブームがありました。


もう10年以上も前にブームです。本が入口で、それ以上の情報を得ようと読者カー

ドを出すとセミナーに誘われる。信販会社がついていて30万円くらいのクレジッ

トを組ませるという商法です。


最近では『英語は逆から学べ』の脳機能学者・苫米地英人さんの本などが明らかに

そういう手法を用いています。セミナーではなく、さらに高い教材への誘導ですが。


今日、学術出版をやっている小さな会社の社長さんとそのことで話したのです。こ

ちらから、今の出版社や書店はおかしいのではないですか、書店の平積みになった

本は月収○百万稼ぐ!とか一億稼いだとかそういう本ばかりじゃないですかと。


やはり、その方もそういう商法であると見抜いておられました。

簡単に、働かずに、ほったらかしでということがキーワードで、それに確かにこの

閉塞感のある日本では惹かれるのでしょうが、待てよです。


私自身は、商売人の家で育ちましたので、稼ぐということに抵抗はありませんし、

嫌悪感も持っていません。


その昔、バブルの頃ですが名簿屋さん(リストビジネス)をやっていてかなり稼ぎ

ました。卒業する学生のリストだったのですが、その当時は、ネットもなく、した

がって就職活動はネットでエントリーではなく会社訪問が先。小さな企業は、バブ

ルで求人難でしたので、新卒募集をダイレクトメールでおこなっていたのです。


私は学生名簿を学生のネットワークを使って集め、それを就職情報会社に買い上げ

てもらっていました。それでも、7,8社情報会社はありましたので、一名のリス

トで300円くらいになりました。だいたい年間で5万人位は自分ところで集め、

それをもとにバーターし、20万人位のリストにしていました。


これを、データ化し、さらに住所ラベルが打ち出せるようにすると商品化できるの

ですが、私のところは、名簿を集める代わりに、データベースを使わせていただく

契約にしてあり、構築された25万人位の新卒大学生のデータベースを使用する権

利を持っていました。


それでリスト表を作り、ダイレクトメールで求人したい企業を探すのです。その当

時は、なかなか新卒がとれないので、一度内定を取った学生を就職活動解禁日には

他の企業に逃げないように、山奥で研修したり、最後の頃はハワイで研修したりと

いう時代でした。スポーツカーを入社を決めた新卒学生にプレゼントするというこ

とが話題になったりしましたが、それが、バブルというものでした。


学生の方にもツワモノがいて、企業説明会に参加すると交通費+が支給されますの

で、関東の学生だとわざわざ関西の企業に出かけて、しかも数社を掛け持ちしてお

小遣いを稼ぐという話がありました。


個人情報保護法ができてリストビジネスは厳しくなりましたが、そもそも、ネット

に就職活動が移行して、変化しました。あの当時、学生はひと月で段ボール数箱の

ダイレクトメールを受け取っていました。


1名のリストは仕入れで15円くらいで、売り値で25から30円を設定していま

した。1度の発注数が数万通です。多いと10万という発注をもらえました。少し

他社よりやすくしておくわけです。


制作と発送はそれぞれ別なところに任せていましたので、ほとんどfaxと宅急便で仕

事になっていました。


我々は企業の採用が厳しければ厳しいほど、儲かるわけで、リクルートもマイコミ

もダイヤモンドビッグ社も日経ディスコもそれでかなり稼ぎました。


だから、いまの情報商材のブームをみても、マーケットの規模を考えると、先がし

れているなあと感じてしまいます。


これから、さらに不況感が広がると思いますので、新規の顧客は徐々に増えるでし

ょうが、それでも、大したことはありません。


月に100万稼ぐという人が、人を雇って組織化、企業化しようと思ってください。

そうなるとその10倍は売り上げがないと会社は維持できません。


成功した人もその壁に突き当たります。まして競争が激しいですので、すぐに価格

競争になります。特典を付けるために投資も必要でしょう。


そう考えると、確かに、利幅の大きな商材を見つけて、保有リストに対して売ると

いう手法は、無理があります。


いや、確かに成功した人はいますよね。まさにカリスマです。でも、そういう人の

やっていることを私たちができるかというと、はっきりいって無理です。


時間を相当かけなければ、あれだけのことはできません。


観察したところ、アフィリエーターと情報商材の開発者(情報起業家=インフォプ

レナー)の分業が進んでいるようです、みるところ、情報商材アフィリエイターに

はコミュニケーション能力の長けた方が多く、ほれぼれとします。むしろ、そうい

うアフィリエイターの方が、優秀と言えるかもしれませんし、あこがれ憧れられる

のかもしれません。どんな商材でもその人がいうと買っていく人がいるのでしょう。


長くなりました。いきなり結論です。


基本に戻ってインターネットの特性を生かして、個人が稼ぐことはできないか。ネ

ットを出し抜く発想ではなく、ネットと仲良くしながら、その長所を生かした仕組

みはできないか、その課題に取り組んで約2か月になります。


少し見えてきました。

++++++++++++++

ブログの方には具体的にどうするかを書いたのですが、それはあす以降にします。


今日はここまで。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
<発行人>

森田 達也 (ゆっくりセミリタイヤ倶楽部)

メールマガジン名
「ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう!」

ご意見ご感想は下記の投稿フォームで。
http://form.mag2.com/doueatimou

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう! 第十四号

 written by 森田 達也 投稿日時:2008/09/03(水) 20:35

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ゆっくりセミリタイヤ倶楽部

「ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう!」

まずあなたのマインドから変えます!!モチベーションアップに役立ちます
よ。

第14号 2008.09.01

http://semiretire.d2.r-cms.jp/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今日から9月、メールマガジンも14号になりました。


読者はなかなか増えていきませんが、継続することにより、少しずつ購読者が増え

ていくものと期待しています。


セミリタイヤと聞いてすぐに「金儲け」と考えるかもしれませんし、できれば早く

現在の嫌な仕事から離れてしまいたいと思う方も多いでしょう。


好きなことを仕事にしよう!とよく言われます。いつの間にかそうした理想を失っ

てしまった自分を発見して、ここらで夢を取り戻したい。そういう思いでこのメー

ルマガジンをのぞかれた方も多いでしょう。


私自身もそうです。「やりたいことはある!」


でも日常の仕事に追われてなかなか手がつけられない。


このままでは、何もしないまま、リタイヤを迎えてしまい、その時には体力もなく、

老後の備えを考えるとそこからは冒険できない。


ここいらで、ワンチャンス、何かにかけてみよう!と思ったわけです。


今の働き方を変えてみよう!自分の時間を持とう!経済的に自立できるだけの基盤

を持とう。


そういうことが頭をよぎってから、猛烈に本を読み、ネットを探してみました。


何やら新しい胎動がインターネットの世界にあることに気がつくのに時間はかかり

ませんでした。


確かにITの世界でバブルが起こり、はじけという波はあるのですが、その底流に新

しい動きがあることは確かです。


それを産業革命と同じような大きな変化だという人もいます。あるいは、すでに紹

介したように梅田望夫さんのように幕末から明治維新にかけての時代と同じような

時代だという人もいます。


それは大きな希望ですが、一方で日本では少子化と高齢化という人口問題を抱えて

います。また世界のグローバル化の波に言語の壁のせいで取り残されているという

問題を抱えています。


大きな変化はチャンスであると同時に、危機がそこにあるということです。


そういう時代には目を覚ましていることがなにより大切です。


ぼーっとしていてはだめなのです。


自分から動く、積極的に情報を取りにいくということです。


ゆっくりセミリタイヤ倶楽部では、8月の終わりから具体的な行動を起こし始めまし

た。


「学ぶ」こと、さらにそれだけではなく「実践する」こと。


その上で「検証する」こと。


これを具体的にインターネットの世界ではじめようとしています。


具体的には、インターネットの世界で儲かる仕組みを「じっくり」作ろうというこ

とです。


もちろんネズミ講やマルチといったインチキではなく、インターネットの特性をし


いよいよ明日から、技術的な解説をしていこうとおもいます。


なかなか始まらないって、いやこのメールマガジンはマインドから変わることを目

指しているので、実はスタートが難しいのです。わかれば、後はやるだけでしょ。


今日はここまで。

***************************************
『誰でもできるけれど、
ごくわずかな人しか実行していない
成功の法則』

ジム・ドノヴァン著

第11回

**************************************
第二章「ものの見方を変える」


第11回 感謝の気持ちを持つ

「私の知り限り、ネガティブな態度からポジティブな態度に変わる最短の道は、感

謝の気持ちをもつことだ。…感謝しながら自己憐憫におぼれることは不可能であり、

ほとんどのネガティブな態度は自己憐憫が原因だ。いわゆる『かわいそうな私』と

いうやつだ。感謝の気持ちを持つだけで惨めな自分から前向きな自分に変わること

ができる。」

なるほど。ドノヴァンは感謝日記をすすめています。自分の人生のうまくいってい

る点をリストアップしてみるということを実行するのです。





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
<発行人>

森田 達也 (ゆっくりセミリタイヤ倶楽部)

メールマガジン名
「ゆっくりじっくりあなたも一緒にセミリタイヤを目指しましょう!」

ご意見ご感想は下記の投稿フォームで。
http://form.mag2.com/doueatimou

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
«前へ