大きくする 標準 小さくする

セミリタイヤを目指して

<<前へ

プチ起業をきめました 2014年6月3日

 written by 森田 達也 [プチ起業] 投稿日時:2014/06/06(金) 05:34

プチ起業を決めました。

実践記録をつづります。 
since 2014/06/03

しばらくはサラリーマンをやりながら地道に可能性を探ります。

副業サラリーマンということです。

<参考> 収益の見通しが立つまでは資金ゼロではじめられるネットが最適です。

時間は(1)早朝を使います。それと(2)通勤および移動中のすきま時間にスマホを使います。

活動のベースとしてブログとサイトを使います。

闇雲にやるのではなく、テーマを決めて、ビジネスモデルを作ります。

モデルについては先行する成功例を参考にしながら 実践していく中で修正を加えていきます。

とにかく資金はゼロ。

したがってリスクはゼロ。

サラリーマンなのでリスクはとれません。

できれば国内だけでなくグローバルなビジネスを考えます。

語学には壁がありますが、商品には壁がありませんので海外にも通用する商品選定を行い いろいろなサービスを使って多言語サイトを作り paypalなどの決済の仕組みを駆使して販売の道を開きます。

この工程も記録していきます。

記録はすべてブログを使います。

ブログタイトルが「ビジネスは情熱とアイデア」ですから。

考えてみるとこのブログは最初のタイトルは「通勤電車の知恵」でした。

そのときから考えていたことなのだと自分でも改めて確認しているところです。

虫のいい起業ですが、クリス・アンダーソンが3部作(↓↓)で解いてきたネットのビジネスの可能性を考えると これこそが新しいビジネスの形ではないかと思っています。
 
ロングテール(アップデート版)―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略 (ハヤカワ新書juice)
フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
クリス・アンダーソン
日本放送出版協会
売り上げランキング: 2,341
MAKERS―21世紀の産業革命が始まる
クリス・アンダーソン
NHK出版
売り上げランキング: 1,479

むしろ常識を超えたところに新しい可能性があります。

ロールモデルの大切さを説いた梅田望夫さんの
 
ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)
梅田 望夫
筑摩書房
売り上げランキング: 88,004
ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書)
梅田 望夫
筑摩書房
売り上げランキング: 156,169
を参考にしながら 進めていきます。

とはいえ 理念的ではなく、具体的に収益を上げることを目的とします。

収益額の多寡よりも、収益が上げられる可能性とそのプロセスを見ていきます。

本格的に取り組むときの市場の規模とかを見極めたいからです。
---------
ということで今日はこれからの方向性について考えてみました。

訪問してくださった方には役に立たない内容かも知れませんが

考え方を表明することによって

広い世界の中で同じようなことを考えている人は いるでしょうから。

仲間を作っていこうと思っています。 昔作った倶楽部があります。

リーマンショックの前ですので 多少雰囲気は違いますが、考えていることは同じです。

↓↓ ゆっくりセミリタイヤ倶楽部

これにも手を入れていきます。

アクセスはいまでもありますので。

モードチェンジということ

 written by 森田 達也 [経済] 投稿日時:2011/01/28(金) 19:34


実は昨年末以来 私はかなりワクワクしています。

そうですね、 80年代バブル時代の前の感じかもしれません。

もう若くもないので感動という言葉は使いたくないのですが、 相当な高揚感があります。

なぜかというと ソーシャルなネットの動きが 新しい胎動のように 私を衝き動かしているのです。

バブルの前といってもわからない人が多くなったと思いますが、

あの時は円高不況といわれ これから失業が増えるといわれて かなり暗い年末を迎えたのです。

いまは亡きTBS情報デスクの秋元さんがいよいよ不況本番だねといって年末の番組を終えたのですが、

その次の年から大バブル。

1986,7年のこと。

結局、その予言はバブル崩壊後、

しばらくして、

いやだいぶたって今現実に私たちの前に横たわっているのですが、

実は次の胎動が、その中ですでに生まれている。

そういう感覚を私は感じています。

だから セミリタイヤ倶楽部の動きを急加速させました。

契機になったのは、

仲間の印刷マンが会社をリストラされるという不幸に出会ったからなのですが、

それがトリガー(背中を蹴飛ばされた)となって 私にも火がつきました。

いい機会だ!人肌脱ごう!

それで教室を借り、あるビルのオーナーに事務局も置かせてもらい 活動できる、

あるいは活動したいメンバーを集め始めたところ 弟子入りが3人。

あまりの展開の速さに印刷マンは少々ついていけない場面もあり、

立ち止まったりですが、

それでもなんとかついてきています。

モットーは自分のことでいっぱいいっぱいになるのではなく

如何に周りをハッピーにするかです。

そういう活動が今年は本格的になっていきます。

核となる人はまだまだ募集中です。

というより これからの時代は「個」が大事なのです。

大きな組織より「個」の時代です。

このことがわかり、自分の力を最大化することを求める人に集まってほしいと思っています。

参加にお金など要りません。

印刷マンには人の口座にがんがんお金を振り込んでいくようなビジネスを考えろと 宿題を出しています。

------

それで個の活動のための週末起業ネタを探していて 偶然飛び込んできたネタが

↓↓ こってり宣伝文のインチキが多い情報マニュアルの中にあってなんとシンプル。

存在を隠すようにあったものです。

しかもinfotopとかinfocartというその手の商材では大手の販売サイトではなく、

インフォスタイルというところで売られているものです。

在宅ビジネス
在宅ビジネス

しかもですよ、無料化の時代にあって28000円。

ただし返金保障がついています。

15時間取り組んで成果が出ないと倍を返してくれるというものです。

さてあなたはどう考えますか。

バーチャルオフィスを一緒に持ちませんか

 written by 森田 達也 [セミリタイヤ倶楽部について] 投稿日時:2011/01/27(木) 07:01



↑このサービスは55歳以上の方は登録料無料です。
しかも1ヶ月間無料。

ただし1年以上の利用が条件です。

最低が月額4800円ですので何人かで利用するには便利かもしれません。

考えてみてください。

参加希望の方は森田まで。

blc5@excite.co.jp

セミリタイヤ倶楽部が持つ思わぬ意味

 written by 森田 達也 [セミリタイヤ倶楽部について] 投稿日時:2011/01/11(火) 17:55

昨年暮れ(2010年)から

本格的に活動を始め、勉強会などを行っています。

やってみると実に面白い!

いろんな発見があります。

その第一は

一人じゃないって素晴らしい!!

ということです。

仕事が進みます、成果もでます。

なぜかというと

やはり

仲間の励ましです。

これがあるから、先に進めると感じています。

現在4人。

あなたの参加をお待ちしてます。

月曜日

 written by 森田 達也 投稿日時:2010/11/22(月) 21:22

さて今週から

新しい挑戦です。

読者を増やすことを少しやっていきます。
«前へ

<< 2017年11月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30